Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ダメ人間オンライン

あまり信用しないほうがいい技術メモとか備忘録とかその他雑記

GLT×とべとべ×DevLOVE LT祭り 〜5分でセカイを凌駕せよ!!〜 に行ってきた

勉強会

11月6日に開催されたGLT×とべとべ×DevLOVE LT祭り 〜5分でセカイを凌駕せよ!!〜に参加してきました。

LTメインのイベントということでいつも参加させていただいているGLT枠でLTもしてきました。

GLT


DevLOVE


東京Basic Technology勉強会[とべとべ]


第1部 「LT」についてのワークショップ

各コミュニティ毎にワークショップを開きLTの作り方やらなんやらを学ぶという場でした。

私は@yoshioriさんと@lchinさんが講師を務めるとべとべ枠に参加。

話の内容はとてもおもしろく、LT初心者〜上級者まで幅広く勉強になる内容で、中でも個人的にはkeynoteのショートカットやよく使う色は登録してスライド間で統一しておくというのが良い気づきになりました。

一歩引いて考えると当たり前のことだったりするかもしれませんが、スライド作ることや発表自体ある程度慣れてしまうとこういう事には気づかなくなっていたりしますよね。

少し違う話になりますが話の中でyoshioriさんが「子供の頃正義の味方になりたかった」と言っていたのですが、私の中ではyoshioriさんはヒーローです。

yoshioriさんとはまともに話したこともないのですが(話す機会はあったがビビって話かけられなかったこと多々・・・)、LTや講演を何度か聞かせて頂いてとても感銘を受けたのはまだ記憶に新しいです。

3周遅れ(4周遅れ?)ながらも色々と参考にさせてもらい真似をして現在私の所属するチームも徐々に開発に対する意識も変わってきたのではないかというところです。

それはまた・・・別の・・・お話。


第2部 LT大会

主にGLT参加者によるLT大会。

私も話してきました。


直接的には言っていませんでしたが、一番言いたかったことは「GLTありがとう」ということです。

GLTに参加していなければ間違いなく今の自分はいないどころか「勉強会?なにそれおいしいの?」状態だった可能性すらあります。

GLTに参加してLTをして懇親会で色んな方と出会って自分の世界はじわじわとですが気がつけば飛躍的に広がっていました。

kwappaさんのLTでもありましたが、まさに「こんな世界があったのか」という感覚です。

勉強会や様々なコミュニティに参加するきっかけは人それぞれだと思いますが、私にとってそのきっかけはGLTだったのでしょう。

気楽に参加できるLTオンリーイベントということなので今まで勉強会などに参加したことない人にとっても敷居が低いと思います。

是非GLTに参加してみませんか?



第3部 「LT」をテーマにしたワールドカフェ

初めてワールドカフェというものを経験しました。

詳細は説明し辛いので割愛しますが、とても楽しんで参加することができました。

このシステムも「人見知り」にとっては割と話し易いシステムなのではないでしょうか。

シンプルなルールが良い味を出してると思います。


懇親会+野良LT大会

当日飛び込みでの野良LT大会兼懇親会です。

初めてLTされるという方も多く参加されていたのですが、どのLTもすごくおもしろかったです!!

ちなみに一番の収穫はというと、実は今回のイベントに後輩を誘って連れてきたのですが彼も飛び込みでLTをしました!!

私のLTの中であった「LTはちょっと・・・」というモデルになった人です。

当日話しても「いやー、LTはー、うーん。」とか言っていた彼ですが、イベントが進むにつれやってみたいという気分になったそうです。

本当に嬉しかったです。

内容はスライドを使わず画用紙に手書きで書いたものを持って発表するという形で時間が足りずドラも鳴ってしまいましたが(ドラッ☆)とても楽しんでLTしてるように見えました。

いやー、ほんと良かった。


後半は皆さんお酒が入ってカオスになっていましたがそれぐらいの雰囲気のほうが私は好きですw

飛び込みLTが多かったため時間も予定よりオーバーして二次会には1時間程度しか参加できませんでしたが色々おもしろい話しを聞けて楽しかったです!!


最後に

今回のイベントを企画運営してくださった各コミュニティの方々(特に@yoozoosatoさん、@kwappaさん、@quindimさん、)、会場提供していただいた日本ORACLE@yokatsukiさん、参加された皆様方、ありがとうございました!!

また、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m