ダメ人間オンライン

あまり信用しないほうがいい技術メモとか備忘録とかその他雑記

Spring Framework で空JSONを返したい

{}

やんごとなき事情でこういう空っぽのJSONを返す必要がある場合には空っぽの response 用の class を用意して JsonSerialize annotaion をつけてやるのが楽。

@JsonSerialize
public class NantokaResponse {
}
@RestController
public class NantokaController {
    @GetMapping("/wei")
    public NantokaResponse wei() {
        return new NantokaResponse();
    }
}

Spring Boot 1.5.x から 2.0.0 に上げた時にハマったこと1

Gradle の multi project で動かす時に1.5.x系では abstract project に対して、

bootRepackage.enabled = false

としていたけど、2.0.0では、

bootJar.enabled = false
jar.enabled = true

としないとダメ。

bootRepackage.enabled を bootJar.enabled に置き換えた時点でエラーは出なくなるが jar.enabled も入れてやらないといけない。
それっぽいエラー出してくれたらいいけどうまく読み込めてないせいで直接関係ないとこのエラーが出てハマりやすいので要注意。

Spring Boot 2.0 Migration Guide · spring-projects/spring-boot Wiki · GitHub

TokyuRuby会議09でLTしてきた

TokyuRuby会議に初めて参加してLTしてきました。

LTした結果多くの方が投票してくれてLT王となりました!やったぜ!!

いただいたLT王Tシャツ
f:id:dameninngenn_owata:20150904030203j:plain

副賞(?)のガオガイガーの日本酒!!
f:id:dameninngenn_owata:20150904030650j:plain

LTのタイトルは「第一回 チキチキ 独断と偏見と狭い観測範囲の中から選ぶコミットログ選手権」というやつで、タイトルからネタLTの匂いがプンプンする感じですがその通りの完全なネタLTでした。

f:id:dameninngenn_owata:20150904031231p:plain

LTの冒頭でも言った通りスライドは公開しないです。すいません。今回のLTは結構しゃべりで大部分フォローする感じの発表だったので、資料だけ見てもたぶんおもしろくないですし。。

で、TokyuRuby会議09 - Regional RubyKaigi を見てもらえればわかると思いますが、私以外のLTはとてもためになる内容のものばかりで酔ってない時に聞きたいと思うようなLTばかりでした。
そんな中こんなネタLTで応募しちゃってやっちゃったかなーとすごく不安な気持ちになってたんですが、懐が深く、受け入れてくれてその上おもしろかったよと言ってもらえてとても嬉しかったです。

飛び道具を使って賞をもらった感は否めないので機会があれば今度はもう少しちゃんとした内容のLTをやりたいですね。

スタッフの皆さん、参加者の方々、最高のイベントをありがとうございました!


末路

YAPC::Asia Tokyo 2015に行ってきた

今年は絶対にトークやるぞオラァ!と思って応募したけど残念ながら落選。納得の落選だったので仕方がない。
なので今年も普通に参加してトークを聞いてきました。

トークが終わって移動中にトイレ行ってたら次行こうと思ってたとこが既に満席で入れないみたいなケースがあったけど、特定のトークだけでなく色んなトークで発生してたようなので全体的に大盛況だったということでしょう。こればっかりは仕方がない。

で、一日目のLTをヘラヘラしながら見てたら hiratara さんのLTで過去の自分のLT(Werl)の内容が取り上げられてて、嬉しびっくりしすぎて何もまともなリアクションができなかった。

次の日の「YAPCあるある」っていうトークセッション中でも yusukebe さんがWerlについて言及してくれてたようでタイムラインでもちらほら見かけた。

ただあのLTは五年も前のペラッペラの時の自分なのでこっ恥ずかしい気持ちはすごいあるw
あのLT見て笑って喜んでくれる人もいれば否定的な人ももちろんいて、否定的な意見も全く的外れではないので見かける度自分の豆腐メンタルがグシャァってなるけどこうして五年経ってもなお覚えてくれてたり話に取り上げてくれる人もいてとても嬉しいので堂々としてようと思う。

で、あのイメージがでかすぎるのでちゃんとした本編での有益なトークをしなければならない!!!!!みたいな気持ちが大きくなってきてたけど残念ながらラストチャンスを逃しそれは叶わなかった。仕方がない。
その分集中してトークも聞けたし良い感じにダラダラと過ごせることができたので最高でした。

参加者及び運営の皆さんお疲れ様でした。
そしてYAPC期間中話してくれた方々ありがとうございました。とても楽しかったです。